プロフィールと学習環境

自己紹介もかねてのプロフィールです。

〇学生時代の学力について

まず私は関関同立といわれる一応関西の難関私大といわれる大学出身です。スポーツ推薦でもなんでもなく、純粋に学力でいきましたので個人的には普通?程度の学問基礎力と思っております。そんなとこに行くやつらはあほですよ、何自信もってイキっちゃってるんですかと思った方は思っていただいて結構です(笑)

特に頭がいいと誇示したいわけではありませんので。

それなりに受験勉強(予備校も通いました)して合格する程度ですので、頭がいいとは到底思ってません。

〇年齢

合格時は37歳になった年に合格しました。年齢とともに記憶力が落ちるなんて言われることがありますが、私も例外ではなく、やはり若いころに比べると記憶力等は落ちているなあと感じることが多々あります。

〇仕事

外資系金融機関で管理職をしています。主に仕事はマネジメント、部下の管理でしょうかね。人事関連の手続き等も行います。毎日家に帰るのは当時で夜11時くらいですね。受験勉強期間中は朝の出勤時間は8時半くらいでした。今は7時半くらいに会社に出勤します。気づきましたか?労働時間的には完全にブラックな職場です。収入が人よりいいと思いますので、仕事に不満はありませんが。

不満がないのと、資格勉強時間捻出ができるかどうかは別問題でして、平日出勤土日祝休みなんですが土日は出ることも多いです。週に一日くらいはなんとか休めるかなといった感じですね。土日でないといけないときもマックス朝から晩まで勤務しています。

ストレスの負荷は高いと思います。休日も関係なしに携帯電話が鳴り続けます。予備校にいってましたので授業の途中で出て行って携帯で指示を出すことも日常茶飯事でした。

〇勉強スタイルは独学ではなく、予備校にいってました。

この点についてはあらためて、どこかの記事で深く取り上げたいと思いますが、とにかく予備校で私はやっていました。前述の仕事のところで申し上げたとおりですが、人より収入はいいのでお金に余裕はあります。予備校、市販のテキスト、いいと思ったものはすべて使ってみました。お金に糸目はつけない感じでしていましたが、わかったのはあまりお金をかけても意味がないなあということです。

〇家族構成

嫁と子供がいます。子供は受験した当時は小さく(まあまだ二年くらいしかたってないのでやはり今でも小さいままです)小学校入学前です。少しは子供の面倒や家事もします。

〇勉強期間

約2年半です。受験は合計3回していますが始めの年は記念受験でしたね。今になって記念受験といえますが当時は大真面目に受かるつもりでしたので、今の自分からみると大笑いです。あんなのでうかるつもりだったのかと・・・・。2回落ちてますので、私1発合格ですなんて言う人より挫折は味わってます。

 

ある程度環境はご理解いただいたでしょうか?ポイントはよくある家族の犠牲を伴う状態であったことと仕事は紛れもなく忙しいという部類に入るということですね。

次回は勉強方法について記事を書いてみたいと思います。